社会保険労務士事務所 宮本人事労務パートナーズ

石川県の助成金申請代行業務はおまかせください!
着手金0円、顧問契約不要、相談・資料請求無料。

宮本人事労務パートナーズ

ホームお知らせ ≫ 【パートナー通信10】今年一番ぞっとした話… ≫

【パートナー通信10】今年一番ぞっとした話…

seigiman458A7082

次回のブログ更新は年明け
1月6日(月)からを予定しています。


年明け1月10日(金)には
私の名刺を作っていただいている先生の
セミナーが金沢でありますので、
興味がある方は私と一緒に参加しましょう!
どんなセミナーか気になる方はこちら
 

------

 

 

こんにちは!

助成金専門社労士の宮本です。

 

 

今年、お客様の会社へ訪問したときに
ぞっとした話を聞きました。


その会社は、共同経営者と共に
事業を営んでいました。


ある日、共同経営者から
社長へ驚きの一言が…

 

私は「労働者」だから、未払いとなっている
残業代を払ってくれ!…と


さらに…
「私は労働組合に所属しているから、
 あなたくらいの会社は簡単に潰せる」


…とまで言われたそうです。


そんなアホなことがあるか!
…と社長は訴えましたが、手元には
共同経営の契約書はありません。


さらに共同経営者の手帳には
●月●日に何時から何時まで働き、
社長から●●を指示された…と
勤務状況がびっしり記されていたとのこと


その後、社長は労働組合に出向いた
そうなのですが、労働組合からは
なかば監禁や恫喝まがいの仕打ちを
受けたとのことでした…


結局、会話を録音までして、交渉を
重ねましたが、示談金をたんまり支払い
解決に至ったとのことです。


※誤解してほしくないのが、
 すべての労働組合がこんなことを
 するわけではないですよ?

 私もかつて、会社側として労働組合と
 団体交渉を行ったことや、逆に労働組合に
 入って会社側との交渉を手伝ったり
 したことがありますが、

 労使で昇給に関する材料を出し合って、
 話し合いをする、有意義で労使にとって
 不可欠な組織でした。
 


今回の場合、共同経営は嘘ではなく、
契約書を交わさなかったことが
問題の一番の原因に思いますが、 実は
これと似た問題が世の中にはびこっています


例えば、IT関係の会社で従業員を
個人事業主として働かせている場合や、
マッサージ店で店員を完全歩合制で
働かせているようなケースです。


これらは従業員を「労働者」ではなく
「個人事業主(社長)」扱いとすることで
残業代の支払いを免れているんですね

※社長は事業主だから会社から残業代は
 もらえないし、労基署からも、
 社長は働きすぎだから違法です!
 とも言われないでしょ?


先ほどのケースの場合、
IT企業で会社のパソコンで上司の
具体的な指示のもと、HPを作成していれば
「労働者」ですし、

マッサージ店ではシフトによって決まった
時間に出勤しなければならないし、遅刻や
欠勤した場合に、お給料が引かれてるなら
「労働者」です。


助成金も労働者に対する取り組みには
もらえますが、従業員を個人事業主扱い
していては、もらうことはできません。


自社の労務管理を見直して、
助成金をもらうか、

残業代などをちょろまかして、
リスクを負いながら経営するか、


助成金申請をきっかけに正しい
労務管理が広まることを望みます。


 

ご参考になれば幸いです。

----------------

宮本人事労務パートナーズ

宮本 欣弥(Miyamoto Kinya)

920-0901 石川県金沢市彦三町1-2-1 1

TEL:076-293-1813

Mail:info@hr-sr.com

URLhttps://hr-sr.com

2019年12月23日 09:30
宮本人事労務パートナーズ
石川県金沢市彦三町1-2-1 アソルティ金沢彦三1階
TEL.076-293-1813
営業時間 月~金 9:00~17:00/定休日 土・日・祝日