社会保険労務士事務所 宮本人事労務パートナーズ

石川県の助成金申請代行業務はおまかせください!
着手金0円、顧問契約不要、相談・資料請求無料。

宮本人事労務パートナーズ

ホームお知らせ ≫ 【パートナー通信12】ハローワークも働き方改革! ≫

【パートナー通信12】ハローワークも働き方改革!

PAK160219170I9A0088_TP_V4


それとは裏腹に
進まない社労士事務所の働き方改革(笑)
 

------

 

こんにちは!

助成金専門社労士の宮本です。



先日、書類でしか受け付けてもらえない
申請があったので、久しぶりに
ハローワークに行ったところ、
驚くべき変化がありました


なにかというと、
会社が雇用保険の手続きをするときに
出向く際の窓口の受付時間が1時間短縮
されていたことです。


今までは、窓口の担当者が書類ではなく
電子申請でお願いします…という普及活動を
ずっとされてきたわけなんですが、ここにきて
強硬手段に打って出た…といった感じですね。


先日の日経の記事でも、中小企業向けの
補助金の申請については、電子申請を可能に
する方針である…とも書かれており、
生産性をアップするための本気度が伝わります
 

ちなみに助成金の申請については現在、
紙ベースでしか申請できませんが、
いずれ電子申請でないと受け付けてもらえない
時代がくると思われます。
 
 
そんな中で、残念ながら企業の労務管理を
リードすべき社労士業界の電子化が全く 
進んでいません…
 

どこかの資料で見た記憶だと、開業社労士の
電子申請の普及率は50%程度だったと
書かれていました。


今後、電子申請に対応しなければ、
働き方改革時代の労務管理に適応できないのは
あきらかです。


実際に去年1年間で、顧問社労士がタイプライター
を使っている。(ホントですか!?)
一太郎を使っている(どうやって開くの笑)

…といった理由から、契約を依頼
されたケースが2件もありました。

 
社長の中には、顧問社労士に手続きの
都度、書類にハンコを求められたり、
手続きの控えが紙ベースで郵送されて
くることはありませんか?
 

そのような社労士事務所は残念ながら
電子申請に対応していません。。。
 

書類にハンコを押してもらう手間や、
郵送代、社長の代わりに窓口に行って
手続きを行う…といった電子申請をすれば
なくせる手間賃が顧問報酬に上乗せされて
いるとしたら納得いかないですよね?


毎年、4月1日にはハローワークでは
新卒採用者の雇用保険手続きのために
窓口が恐ろしく混み合います。


1時間以上、番号がよばれるまで
待つこともざらです。


私の場合は、ぼけーっと待ってる
野暮な社労士と思われたくないので
システム上、書類でしか行えない
手続き以外はすべて電子申請です。


働き方改革の波に乗って
スタイリッシュな社労士を
目指しているからです笑

体系は全くスタイリッシュじゃ
ないですけどね^^
 

 

ご参考になれば幸いです。


=======================
■社長が楽する労務管理メルマガのご案内
 (初回配信 2020年1月21日)

ブログでは伝えられないマル秘情報を
メルマガ会員限定で公開します。
(登録料は無料です)

メルマガでは社会保険料の適正化について
お伝えする予定です^^

●メルマガ登録はこちらから
 

----------------

宮本人事労務パートナーズ

宮本 欣弥(Miyamoto Kinya)

920-0901 石川県金沢市彦三町1-2-1 1

TEL:076-293-1813

Mail:info@hr-sr.com

URLhttps://hr-sr.com



 

2020年01月14日 13:15
宮本人事労務パートナーズ
石川県金沢市彦三町1-2-1 アソルティ金沢彦三1階
TEL.076-293-1813
営業時間 月~金 9:00~17:00/定休日 土・日・祝日