社会保険労務士事務所 宮本人事労務パートナーズ

石川県の助成金申請代行業務はおまかせください!
着手金0円、顧問契約不要、相談・資料請求無料。

宮本人事労務パートナーズ

ホームお知らせ ≫ 【パートナー通信3】子供に廊下を走るのを辞めさせるには ≫

【パートナー通信3】子供に廊下を走るのを辞めさせるには

aomidori0I9A8962

子どもに伝わりやすい伝え方と
大人へ伝わりやすい伝え方は
どうも共通しているようで…

------------

こんにちは
パートナー通信の宮本です。


うちには4歳と2歳の子どもがいるんですが、
廊下を走ってしまい困っていました。


廊下は走っちゃダメよ!!
…と言っても聞く耳を持たない…


ついには今年の夏に下の階から苦情が…
迷惑をかけてしまって本当に頭が痛い…
そんな日々を過ごしていました。


皆さんにもこんな経験ありませんか??


そんなときに、とある社労士先生から
子どもへの正しい伝え方を
教えてもらいました。


その方法とは
「あるべき姿を伝えること」です


さっきの例で言うと、

廊下を走っちゃダメよ!
ではなく
廊下は静かに歩いてね!

…と伝える方法です。


早速、実践してみると廊下をダッシュしてた
子どもがゆっくり歩いてくれるように
なった気がします!


実はこの理論は、家庭のルールだけではなくて
会社のルールにも活用できるんです。


助成金申請のためにいろんな会社の
就業規則(会社のルール)を
見せてもらっているんですが、
古い就業規則だとこのような記載があります。


次のことをしてはならない。
1 遅刻をすること
2 無断欠勤をすること


…これってあるべき姿を伝えてないから

伝わりにくいですよね?
 
 
することをしてはならないという文章だと

パッと見て、遅刻していいの?
無断欠勤していいの?…と頭が混乱します。


あるべき姿を伝えるなら…


次のことを遵守しなければならない。
1 遅刻をしてはならない
2 無断欠勤をしてはならない


…と書くことによって、従業員にも
伝わりやすい就業規則を作ることが
できますよね!


規定や社内ルールの作成時には
「あるべき姿」を意識して
作ってみてはいかがでしょうか?


ご参考になれば幸いです。

----------------

宮本人事労務パートナーズ

宮本 欣弥(Miyamoto Kinya)

920-0901 石川県金沢市彦三町1-2-1 1

TEL:076-293-1813

Mail:info@hr-sr.com

URLhttps://hr-sr.com

2019年11月05日 09:00

サイドメニュー

モバイルサイト

宮本人事労務パートナーズスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

宮本人事労務パートナーズ
石川県金沢市彦三町1-2-1 アソルティ金沢彦三1階
TEL.076-293-1813
営業時間 月~金 9:00~17:00/定休日 土・日・祝日